新しくなったZeplinの「ORGANIZATION」プランについて解説



Zeplinのプランが新しくなりました。

https://zeplin.io/organization-detail.html

追加できるプロジェクト数の数が変更になったり、

「Oganization」の料金プランが新しいシステムになりました。

使ってみた記事なども無かったため色々試してみました。

ちょっと解説していきます。

(※ちなみに私は英語は読めません。Zeplinの人に聞く際もGoogle翻訳でがんばりました笑)

 

新システムでは、

個人のボードとチームのボードに別れてプロジェクトを管理できるようになります。

メリットは、

●チーム全員が全プロジェクトを見ることができる

●プロジェクト作成数が無制限になる

 

まずOganization Planに登録してみます。

少し前まで$100とかで無制限で使えるプランだったのですがいつの間にか変わっていました。(!)

Monthlyで$9、Annualで$6です。

こちらは一人分の値段で、最初は16人分の料金がかかります。($1296です(2017/6/7現在))

メンバーを追加するごとに料金が増えるそうです。

 

次にチーム名を入力します。

次に領収書番号を入力します。(毎月か年単位でメールで届いている#で始まる番号です)

登録が完了すると、チームが作られます!

A.「Aliens」からメンバー追加できます。

B.権限の選択ができます。

ここで例えばデザイナーを一気にAdminにすれば、どのプロジェクトにもデータをUPできます。

※Growing Business以前のプランでは各プロジェクトでAdminになっていればSketchからアップできましたが、OrganizationではここでMember登録しないとアップできません。(以前の設定は引き継がれます)

Aの画面です。+ボタンでチームに追加できます。

 

ボードは2種類あります。

①「Personal Project」

今まで個人で管理していたProjectが入っています。

OwnerになったユーザーはFreeプランになりますので1プロジェクトしか持てません。(なぜ・・?)

 

②「チーム’s Project」

チームのプロジェクト一覧です。ここに今まで個人管理していたものを移動すると全員がアクセスでき、UPもできます。

ただプロジェクト数が多いと100件くらいずらっと並んでしまいます。ここが難点ですね。。

Zeplinの人に言いたいのは、ここでいつも使うプロジェクトをピンしておける機能が!ほしいです!

 

 

以上です。

この後のアップデートで使いやすくなるのでしょうが、プロジェクト数が多かったりプロジェクトごと関わる人が違う場合、Growing Businessでいいのではと思います・・

今後も新しく分かったことなどありましたらこの記事をアップデートしていきます。

 

ぜひ、追加情報や、この情報間違ってる!などありましたらコメント欄からいただきたいです。

(´⊙౪⊙)۶では!