身体を見つめ直すランドアート!荒川修作の「養老天命反転地」。

 



岐阜県にある、養老公園内の「養老天命反転地」へ行ってきました。

養老駅から徒歩10分にあるとのこと。

今回は平日に車で行ってきました。駐車場は2スペースあり、歩いてすぐに公園がありました。

 

養老天命反転地って?荒川修作って?

 

「養老天命反転地」は、荒川修作とマドリン・ギンズによるランドアートです。

場所全体が芸術作品であり、中に入って体験できます。

 

荒川修作は日本でネオダダの活動が盛んになる頃から活躍していた現代美術家です。

「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」(篠原有司男、吉村益信など)のメンバーです。

ちょっと怒りっぽい方だったようですね。

 

「養老天命反転地」は、とてもこだわり抜いて作られたそうです。

 

さっそく入園!天命反転とは?

園内へはスニーカー&汚れてもいい服装がおすすめです。

荷物も邪魔になるので、100円のコインロッカーに預けるのもOKです。

 

入園料は一般で750円でした。

入り口に貼ってある紙を見ると…

unnamed (3)

天命反転とは?

”REVERSIBLE DESTINY”日本語で”反転できる宿命”と訳され

「’人間は生まれたら死ななければならない’という宿命を覆したい」という意味が込められています

 

 

もらった冊子にはこう書いてありました。

(略)

荒川修作とマドリン・ギンズは、現在の世界の絶望的な状況を希望ある未来へ転換させようとしています。

そのためには「死」を前提とした消極的な生き方を改め、古い常識を覆すことが必要だと言っています。

(略)

「養老天命反転地」には、水平垂直を極力排除し、複数の人工的な地平線を配するなど、人間のもつ平衡感覚や遠近感に揺さぶりをかける仕掛けが施されています。

これは、私達をヨチヨチあるきの子供の状態に戻して知覚を再構築させるよう隅々まで計算された構造なのです。

(略)

出典元:http://www.yoro-park.com/

 

とても面白いですね!

冊子の中には「使用法」というものが書かれています。

”知覚を再構築させる”ための方法が記載されています。

この内容を読んでから行くことをおすすめします!2倍楽しめます。

(私はあまり読まずに行ってしまったので、ちょっと後悔)

 

いくつかのエリアやオブジェクトが存在するのですが、それぞれのエリアで

「バランスを失ったと思ったら名前を叫ぶこと」

「後ろ向きで歩くこと」

「しばしば後ろを見ること」

などなど”使用法”が存在します。

 

身体を使って楽しめるエリアやオブジェクトが多数!

おもしろかった場所を数枚紹介していきます。

 

養老天命反転地記念館

IMG_4943

入り口の貼り紙によると、「写真を逆さにしてみるとおもしろいことが起こる」そうです。

!!

上下が全く同じですね。すごい!帰って写真を見て気づきました。笑

 

迷路みたいにくねくね進んでいきます。

 

極限で似るものの家

IMG_4949

(なんか全部写っててすみません)

世界地図のようなものが配置されています。

一緒に行った旅行好き後輩によると本物の地図とは配置が違うそう。夢の中みたいです。

中に入ってみると…

IMG_4952

家具が壁に食い込んでいたり、

ひとつ下の層にずれていたり、行き止まりがあったり、通れない道があったり。

IMG_4951

突き刺さってます。

 

死なないための道

先へ進むと様々な道が登場します。

死なないための道、消えない道…など。行き止まりだったり、地上へ戻れたりします。

運動路

ソファや道、家具が並んでいます。不思議な場所です。

withソファでくつろぐ後輩

 

日本列島が5つあるらしい

天命反転地には5つの日本列島があるとのこと。

一つしか見つけられませんでしたが笑、ぜひ見つけてみてください!

 

何度もお伝えしますが…

もらえる冊子の、「使用法」を熟読の上、遊んだほうが2倍楽しめます!!

ちょっと謎解きっぽい感じでワクワクします。

 

ぜひ行ってみてください〜( ͡° ͜ʖ ͡°)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


デザイン・アートランキング



AyamiNakazawa

中沢彩美 / Ayami Nakazawa イラストレーター、デザイナー。 東京造形大学 デザイン学科卒業。IT企業でアプリ/WEBデザイナーとして働く傍ら、フリーランスのイラストレーターとして活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です